ジャーナリストの岩崎由美です

雑誌や本、ホームページの企画・編集・執筆、
講演や司会、映画の評論など、
コミュニケーションのお手伝いをしています。

<最終更新日>     <更新履歴>
講演
司会
人材会社パソナのコミュニケーションマネージャー
パソナHR研究所の主任研究員
ジャーナリスト池上彰氏の講演専属マネージメント
ホームページの制作
広報誌とパンフレットの作成
特別養護老人ホーム芙蓉荘
セミナー・講演への講師派遣
著述・編集
司会・イベント
講演・セミナー
宣伝・広告
その他
岩崎由美からのお便り(前回号)
岩崎由美からのお便り(前々回号)
バックナンバー一覧はこちら
No104 夏休み、涼しい美術館はいかがですか
No103 それでも日常は続く
バックナンバー一覧はこちら
     CINEMA
エッセイ 「風よ更け」
プロフィール
社長 岩崎由美
私の書いた初めての本
林文子 すべては「ありがとう」から始まる
林文子 すべては「ありがとう」から始まる
日経新聞社
2006年1月刊行
お問い合わせ
メニューが出ないときはこちらから
掲載内容の無断転載を禁じます。
TODAY'S ENTERTAINMENT
2023年1月1日(日)
No106 迎 春


ジャーナリストの岩崎由美です。
旧年中は大変お世話になりました。

今、目の前には、どうしたらよいかわからないほどの悲しすぎる現実が山積みです。
戦争はいつまでたっても終わらないし、原発は再開されようとしているし、国民から集めた貴重な税金はどんどん浪費されるし、汚職はなくならないし、ため息が出ることばかり。
自分は、そんな時代の一端を担ってきてしまいました。本当に申し訳ない。

しかしそれでも、人生は歓びに満ちていると思うのです。外に出て冷たい空気を吸って「冬がきたぁ」と思うとき、小さな赤い南天の実を見て「可愛い」と感じ、素晴らしいオペラの歌声や、先人たちの残したアートに感動し、「生まれてきてよかった」と感じます。
私には目の前の仕事を精一杯することしかできないけれど、少しでも周りの人が柔らかな心になれるような何かを、そっとお見せすることができればと願っています。

では、昨年のお仕事の一部です。記事の執筆では、
『JDIR』 で、「パーパスを聞く」経営者インタビュー。学研ホールディングスの代表にお目にかかりました。
『ひらがなタイムズ』では、Japan Styleのコーナーに毎月、日本らしいものを取り上げて書いています。最新号は、「邪気を払うお香の力」。Web媒体もありますが、紙媒体でも出版されていますので、書店で手に取っていただけます。
『男子専科』は、オペラ、バレエ、映画、美術展、イベントレポート、グルメ、「紳士の哲学」のインタビューなど、興味のあることを書いています。

司会も変わらず、株主総会や記者会見、ナレーションなどをさせていただいています。
パソナグループ広報部でのお手伝いは、社内報での「賢人」インタビューや社内ラジオでのニュース読み、「南部靖之.com」の記事の作成、司会もしています。

去年は、少し出張に出かけました。淡路島、京都に足を延ばしました。私、やはり、旅が好きなようです。とても楽しかった。

それから、上智大学の同窓会での活動。「ソフィア会講演会委員長」として、講演会の企画・実施をしています。「経営者に聴くシリーズ」でエステーの鈴木貴子代表執行役役員にお越しいただき、リアルとオンラインで開催しました。

今度の1月の講演会には、スターバックス コーヒー ジャパンの水口貴文CEOにお越しいただきます。タイトルは、「共感を生み、愛され続けるブランドを目指して」。
同窓会のための講演会ですが、もしよろしければ、めったに聴けないせっかくの機会ですので、ぜひお越し下さい。無料でご参加いただけます。
2023年1月31日火曜日18時から上智大学四ツ谷キャンパスです。
ご希望あれば、私の友人としてご参加いただきますので、このメールに返信してください。

去年もたくさんの出会いがあり、それぞれの方の生き方や考え方を知りました。出会えたことに感謝し、私の想いを受け止め、受け入れていただき、助けていただき、応援してくださること、すべてに感謝します。

一年間本当にお世話になりました。そして
今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。





ご意見・ご感想はこちらから (0)








23.01.01 TODAY'S ENTERTAINMENT No106
23.01.01 岩崎由美からのお便り その90
22.11.16 TODAY'S ENTERTAINMENT No105
22.11.16 岩崎由美からのお便り その89
22.07.17 TODAY'S ENTERTAINMENT No104
22.07.17 岩崎由美からのお便り その88